スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 脂腺母斑①
2013年12月20日 (金) | 編集 |
『しせんぼはん』と読みますが皆様ご存じでしょうか。

~脂腺母斑~
生まれつき頭部から顔面(ほとんど頭部)にかけてできるあざの一種。生後から思春期ころまでは、黄色調の少し平らに盛り上がった表面がざらざらした局面があり、頭の場合は脱毛斑(だつもうはん)となって気づくことが多いようです。思春期ころになるとその面が次第にいぼ状に盛り上がることがあり、髪を洗った時に出血したり、散髪がしにくくなったりり、皮膚の脂肪分泌が盛んになると臭いがすることもあります。
またその上に、とくに成人以降にまったく別の皮膚腫瘍(ひふしゅよう)ができることがあります。皮膚腫瘍は時に悪性のこともあり、十分注意が必要です。

 
この脂腺母斑、ケントは生まれつき後頭部にありました。
生まれた時に産婦人科の先生に『これはアザだね。入学した頃一度見てもらうといいよ。』と言われていました。

アザと言われたものの見た目はただのハゲ(笑)
でも髪を伸ばしていれば全くばれず。

触るとかなりくすぐったい様子で、たまに痒がったりすることはあったけれど、見た目の変化は特に無かったので特に病院にはかかりませんでした。
でもここ1年、いや半年位かな、生まれた時に直径1cm程度だったものが成長と共に2cmほどになり、さらに凹凸は無かったのにぼこぼこ?もこもこ?と盛り上がってきたんです。まさに上の説明の通りでした。

写真はこちら↓

009-1_201312202029246b0.jpg

拡大すると…けっこう気持ち悪いよ。

006-1_20131220202922b22.jpg


~治療法~
他の皮膚腫瘍の発生素地になる可能性があり、またそのままでも最初平らであったものが次第にいぼ状になっていくことがあるので、適当な時期に手術で切除するほうがよいでしょう。手術は成人では頭の皮膚の緊張度が高まり、わずかな幅を切除しても縫合(ほうごう)が困難なこともあり、大きな傷ができる可能性があります。
これに対し小児期では皮膚が軟らかく、十分縫合できるので、結果として小さな傷ですむ傾向があります。しかし、子どもがあまり小さいと短時間の手術でも全身麻酔(数日の入院が必要)が必要になるので、手術の時期については担当医とよく相談します。待てそうなら小学生ころに夏休みなどを利用して局所麻酔、外来通院で行うのもよいでしょう。


確かに夏休みなら学校を休む必要もないけど、プールも行きたいし遊びにも行くし、何より夏に手術って何だかイヤ。ってなわけで、11月に紹介状をもらって大学病院の形成外科へ。
極力学校は休ませたくないと思っていたら、指定された日がたまたま県民の日でラッキー♪
大きな病院は曜日やら時間やら選べないからねえ。

①診察&患部の写真撮影
形成外科の先生により『脂腺母斑』と確定。生まれた時はアザとしか知らず、最近ネットで症状や画像から自己判断していたのでちょっと安心。

②手術日&手術方法の決定
もう大きいので当然局所麻酔と思っていたのに、『全身麻酔と局所麻酔どっちにする?』って。
判断はこっちなわけね。
全身麻酔だと2泊3日の入院。部分麻酔だともちろん通院。
どっちでも良いですよって感じだったし、冬休み中にやるつもりだったのでケントに聞いてみると『局所麻酔』との返事。
何でかあとで聞いたら『入院したらゲーム出来ないんじゃない?』って(笑)
で局所麻酔の方向で話をすすめていたら、先生も看護師さんも

『え?ほんとに大丈夫?』って。

えーーー?じゃあ全身麻酔すすめればいいじゃーん。

『女の子はキレイになりたいとかの願望欲望があるからかなりガマン強いけど、男の子はねえ。ケント君11歳かあ。どうかなあ』とまで。

でも私も全身麻酔はやっぱり何だか心配だったので局所麻酔で頑張ることに決定しました。
看護師さんからも『麻酔がちょっと痛いだけだからそれだけガマン出来れば大丈夫』と。
ガマン出来ないことってあるんだろうか…。

③血液検査
これはHIVの検査でした。注射嫌いなケントはかなりビビってました。

この日はこれで終了。
次回は手術日のお話です。
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
そうなのよー。

私は歯医者でしか麻酔したことないから、説明のしようもないし。
でもさすがに5年生にもなると、こわいながらもガマンが出来るから低学年での手術より良かったかな。
2013/12/21(Sat) 18:14 | URL  | tonamiyyさんへ #-[ 編集]
Re: どきどきどき・・・
ふふふ。終わっちゃいます(笑)
乞うご期待!

全身麻酔、音は聞こえてるんだ!知らなかった。
色んな香りがあるのも、脂腺母斑をネットで調べてる時に初めて知りました。
うちは焼き肉の香りが良いとか言いそう(笑)

低学年まではどうしても全身麻酔になっちゃうけど、小さいだけに余計に心配だね。
長男ってどうしてこう手がかかるのかしら(笑)
2013/12/21(Sat) 18:09 | URL  | みーちゃんママさんへ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
私はけっこう平気なんだけど、ケントは気が小さいからね^_^;
でもさすがに全身麻酔はこわいし大袈裟かなあと。

> 手術日って・・・冬休み前にやったの?
うん。もう終わったよー。
2013/12/21(Sat) 18:03 | URL  | reeさんへ #-[ 編集]
おぉ・・・
そんなことがあったのですね・・・

麻酔。
病院すらびびるのに、麻酔やら検査やらで本人も構えてしまうよね。
2013/12/21(Sat) 15:38 | URL  | tonamiyy #-[ 編集]
どきどきどき・・・
こ、ここで終わっちゃうんですか!?
どきどきどき・・・。

うちの子は、5~6歳での腎生検は全身麻酔。
痛みはなくても、音とかがけっこうするらしくて
子供は暴れちゃうと危ないからって。
麻酔、イチゴとか、バニラとか、どの香りがいい?って
聞かれました(笑)。

小2での盲腸炎でも、全身麻酔でしたね。
点滴で薬が入れられて、あっという間に眠りました。
どちらも長男です。(^_^;)

2013/12/21(Sat) 09:21 | URL  | みーちゃんママ #-[ 編集]
大変だったね。
男の子って痛みに弱いけど、確かに全身麻酔は体への影響を考えると心配だものね。
手術日って・・・冬休み前にやったの?
2013/12/21(Sat) 00:59 | URL  | ree #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。